自分の子供にどんな名前をつける?ちゃんと考えた方がいい子供の命名

By | 2015年5月27日

どんな子になって欲しいか考えて決めよう

子供の命名真剣に考えています?これからずっと呼ばれ続ける名前ですが真剣に考えて決めたほうがいいですよね。昔の人はどのような子になって欲しいかを決めて命名した人も多いと思います。そうすると名前を付けられた本人も親の期待に答えよう!という気持ちが生まれ、これからの人生いいことが起きるかもしれませんよね?なので自分の子供には親が責任をもって、自分がおもういい名前をつけてあげたほうがいいでしょう。これからの人生にもかかわることですので。

最近増えているキラキラネームはなぜ非難される?

まずキラキラネームとは漢字を当て字で読んだ名前などがあげられます。例えば、「木星」と書いて「ジュピター」と読むことです。なぜこのような名前は非難されるのでしょうか?まず子供がかわいそうという声が多いことでしょう。小さい頃はいいですが、おとなになって就職となるとき恥ずかしい思いをするから、病院などで名前を呼ばれるとき病院の先生が困ってしまうことがあったりして人にまで迷惑をかけてしまいますよね?なのでキラキラネームは多くの人に批判されています。

子供はペットじゃない!ちゃんと考えた名前を

たまに子供にペット感覚で名前をつける人がいますよね?しかしこれも多くの批判を集めています。自分の子供を響きが可愛いから、またかっこいいからという考えでつけたりしますがこれも子供のためになりませんよね。悪いのは自分じゃないのに親のせいで周りから変な目で見られたり、いじめにあう原因にもなりかねませんよね。就職も困難になってしまい一番大変なのは子供の方です!子供のことを思うなら思いを込めてちゃんとした名前にしましょう。

新しい子供の名前はできるだけ良いものにしたいという方も多いでしょう。そのためのアドバイスが欲しいのなら、姓名判断をしてもらうのは良い方法です。