Monthly Archives: 6月 2015

生まれた子供に素敵な命名をしてあげましょう!

性別がわかったら早速名前を考えよう!

子供に命名することは、子供が生まれた時には必ずしなければならないことです。まずは、妊娠がわかったらどのような名前にしたいか少しずつ考えて調べていきましょう。市販されている名づけの本やホームページなどを参考にして、どんな願いをこめてつけたいか、どんな漢字を使いたいかなどをいろいろ考えましょう。妊娠5か月ごろになると赤ちゃんの性別も分かるようになります。性別が分かったら、その性別に適した名前を考え、どんどん候補を絞っていくといいでしょう。

名前の候補を決定しましょう!

お腹の赤ちゃんが生まれるまでにある程度名前の候補をいくつか出し、最終的に最もふさわしいと思われるものを選びましょう。生まれるまでに、最終の候補を2、3個くらい出しておいて、苗字とのバランスを見たり、姓名判断の専門家に相談したり、親族や知人友人など周囲の評判を聞いたり、インターネット上での姓名判断のサイトを利用したりして最もふさわしいと思われる名前を選ぶのがよいでしょう。赤ちゃんが生まれたら14日以内に出生届を出さなければならないので、直前になってあわてないようにしっかり考えておきましょう。

出生届を出して子供に命名しましょう!

子供の名前についていろいろよく考えて、いろいろなところに相談した結果、最終的な名前が決まったら、お七夜などで周囲に子供の名前を公表し、命名しましょう。また、期限内に役所に出生届を出しておきましょう。子供に命名をするということは、その子が一生使う名前を決めるということになるので本当に大切なことです。親として決していい加減で適当な命名をすることなく、よく考えて子供に素敵な命名ができるようにしましょう。

生まれた子どもの命名は、誰もが読める名前にするいいでしょう。あまりにも難しいと子どもが説明するのに苦労します。

初心者でも楽しい!!大人になってからの楽器演奏

子供の頃に習いたかった楽器

ひと昔前は、楽器を習い始めるというと小さい頃のイメージがありましたが、最近では大人になってから初めて習い出す人が増えています。子供の頃、友達がピアノなどを習っているのを羨ましく思った経験のある女性は多いでしょう。スポーツばかりしていて音楽なんて全く無縁だったという男性もいるでしょう。そんな人達が成人して仕事を持ちながら、あるいは定年退職後に時間にゆとりができた時、ピアノやオルガンと言った鍵盤楽器をはじめ、ギターや和太鼓とさまざまなジャンルの楽器を始めています。子供の頃とはまた違った視点で楽しめ、多くの人気を集めています。

大人をターゲットにした教室もたくさん

個人や楽器店が運営する音楽教室もたくさんありますが、ここ数年で初心者の大人のための教室というのもどんどん増えています。自分の空いた時間にマイペースで進める事ができ、無理なく続けられるようになっています。音を楽しむという字の通り、演奏したい曲を講師が楽しく教え導いてくれるという所も多いです。気持ち良く演奏できると、ストレス発散やリラックス効果もあり、体にも良い影響を与えてくれます。それまで聴く側だった音楽が、楽器で演奏できるようになると、今までに無かった世界が広がるでしょう。

仲間で夢のバンド結成

さまざまな楽器がある中、ギターやサックス・ドラムといった楽器も大変人気があります。同世代の友達同士でそれぞれのパートが演奏できるようになると、アンサンブルができ、より一層楽しくなるでしょう。昔よく聴いた曲や最近の曲、あらゆるジャンルの音楽を仲間で演奏して楽しめるのです。中には、本格的にバンド活動を始め、新たな目標に向かっている人も多く見られます。時間を作っては集まって練習を重ね、ゆくゆくは自分達のライブをするというのも、夢があっていいですね。

サックスというのは、楽器の一種です。正式名称はサクソフォーンと言って、金属製ではあっても分類上は木管楽器になります。