生まれた子供に素敵な命名をしてあげましょう!

By | 2015年6月19日

性別がわかったら早速名前を考えよう!

子供に命名することは、子供が生まれた時には必ずしなければならないことです。まずは、妊娠がわかったらどのような名前にしたいか少しずつ考えて調べていきましょう。市販されている名づけの本やホームページなどを参考にして、どんな願いをこめてつけたいか、どんな漢字を使いたいかなどをいろいろ考えましょう。妊娠5か月ごろになると赤ちゃんの性別も分かるようになります。性別が分かったら、その性別に適した名前を考え、どんどん候補を絞っていくといいでしょう。

名前の候補を決定しましょう!

お腹の赤ちゃんが生まれるまでにある程度名前の候補をいくつか出し、最終的に最もふさわしいと思われるものを選びましょう。生まれるまでに、最終の候補を2、3個くらい出しておいて、苗字とのバランスを見たり、姓名判断の専門家に相談したり、親族や知人友人など周囲の評判を聞いたり、インターネット上での姓名判断のサイトを利用したりして最もふさわしいと思われる名前を選ぶのがよいでしょう。赤ちゃんが生まれたら14日以内に出生届を出さなければならないので、直前になってあわてないようにしっかり考えておきましょう。

出生届を出して子供に命名しましょう!

子供の名前についていろいろよく考えて、いろいろなところに相談した結果、最終的な名前が決まったら、お七夜などで周囲に子供の名前を公表し、命名しましょう。また、期限内に役所に出生届を出しておきましょう。子供に命名をするということは、その子が一生使う名前を決めるということになるので本当に大切なことです。親として決していい加減で適当な命名をすることなく、よく考えて子供に素敵な命名ができるようにしましょう。

生まれた子どもの命名は、誰もが読める名前にするいいでしょう。あまりにも難しいと子どもが説明するのに苦労します。